• Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

Sachiyo K

TV/Film/Theatre Actor

Sachiyo (幸代)K プロフィール

本名:林幸子(はやしさちこ)

アメリカでアクターとしての活動名:Sachiyo K(ニックネーム:Sachi )
愛知県名古屋市出身 現在アメリカ、ロサンゼルス在住 
日・英のバイリンガル

サンプル映像 https://youtu.be/uV0Vx-MV2YI
IMDBサイト https://www.imdb.com/name/nm1357605/?ref_=nv_sr_srsg_0

日本語のウェブサイト:https://sachiyok.weebly.com

 

 

 12歳の頃よりNHK名古屋放送児童劇団に所属し、NHK名古屋の名物番組だった『中学生日記』(当時の担任役は東野英心さんと矢羽みどりさん)に主演も含め三年間中学生としてレギュラー出演、児童劇団退団後も、日本の名優森繁久彌氏が褒め称えたという恩師、天野有恒氏の元で演劇を学び、地元の市勢映画や町勢映画などに出演する。大学では文学部国文学科を専攻。

 21歳で渡米、南カリフォルニアに移住しリバーサイド郡にあるマウント・サン・ハシント・カレッジ(Mt. San Jacinto College)で初めて本格的にアメリカの舞台演劇を学んだ。シェイクスピア作『テンペスト(あらし)』のアリエル役で Inland Theatre League Awardを受賞、また、南カリフォルニア最大の野外劇『ラモナ野外劇』や『屋根の上のバイオリン弾き』、『オクラホマ』、『ウエストサイド物語』、『噂の二人 The Children's Hour』などに出演する。

 ハリウッドを主な活動の拠点に移した後は、映画やテレビやコマーシャルなどのエキストラの仕事をフルタイムでこなし、1996年よりユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにて日本人 VIP スタジオ・ツアー・ガイドとして七年間勤務。

 アメリカ西海岸最大級のアジア系アメリカ人の劇団イースト・ウエスト・プレイヤーズの俳優ワークショップやハワード・ファイン・アクティングスタジオ(Howard Fine Acting Studio)で、ハイジ・ヘレン・デイヴィス(Heidi Helen Davis)女史と出会いステラ・アドラー式の演劇を学ぶ。そして、日系人を描いた"And the Soul Shall Dance”で、ハリウッドで初めて台詞のある重要な役を得る。その後 ウィル・ギア・ シアティカム・ボタニカム野外劇場で、ウィリアム・シェイクスピア作『真夏の夜の夢』、『リシストラタ 2003』、ソーントン・ ワイルダーの戯曲『危機一髪 (”The Skin of Our Teeth”)』等に出演したほか、ロサンゼルスのあちこちの劇場で、フィリップ・カン・ゴタンダの二人芝居”The Sound of a Voice” や、シェイクスピア劇『ヴェローナの二紳士』、イースト・ウエスト・プレーヤーズで”Voices from Okinawa"の主演や、幸代自らの体験を語った舞台、”Bare Naked Angels" にも出演。

 9・11の後ユニバーサルスタジオを退社し、演劇活動により専念する傍ら、通訳、日本語教師、アメリカ人アクターたちへ日本語アクセントや所作事の指導などもするようになる。また大手企業のコマーシャルに出演する機会を多数得たり、米国NBC局のヒットショー『二人は友達? ウィルとグレイス』といった人気テレビコメディシリーズや、国分佐智子さん主演の映画『SAKI 鮮血のアーティスト』では主人公の娘と敵対する母親役を、『ワイルド・スピード:東京ドリフト』、『グラッジ』(映画『呪怨』のアメリカ版)などではガヤを担当。その他多数の映画やテレビ番組の日本語吹き替えを担当する。

 2010年、活動名を本名Sachiko Hayashiから、芸名 Sachiyo K(幸代・K) に変更

 2012年より、マイズナー式のトップレベルの演技指導をすることで有名なジャネット・アルハンティ女史の演劇学校に通い、演技を基礎から学び直す。ロサンゼルスで再演された時代劇『うつつ』では夜鷹おようを演じ、『マダム・バタフライ』ではスズキを、『真面目が肝心』(’The Importance of Being Earnest")ではブラックネル夫人を、また、"War Bride" という作品では、第二次世界大戦後のアメリカで監禁状態の日本人妻ユミを演じ、STAGE SCENE LAより助演評論家賞を受賞、LA Times などで取り上げられる。2015年のハロウィン・シーズンには、芥川龍之介の『藪の中』をモチーフに脚色された”Wicked Lit 2015- The Grove of Rashomon”で行方不明になった娘を探し回る母、チヨコ役を実際の夜中の墓場で熱演し、ウィキッド・リッド初の話題のアジア系野外劇となる。

 2019年暮れにCBSの全米人気アクションT.V.シリーズ、『スワット 』”S.W.A.T."  3シーズン目の第13話、『液体らしく』にゲスト出演する。また2020年春にも、HULUで配信されているアメリカで大人気のコメディ・ドラマ『Pen15』にゲスト出演を果たす。(エピソードは2021年にHuluより配信予定)

 ロサンゼルスの日本人俳優仲間とともに、YOUTUBEの『ベア・ツアーズ』、 『新 ベア・ツアーズ』シリーズに出演。
即興劇やスケッチコメディの名門、Upright Citizen's Brigade(UCB)でレベル1の即興のクラスを終了。

 2020年7月17日に発売されたPS4向けオープンワールドアクションアドベンチャー『Ghost of Tsushimaゴースト・オブ・ツシマ)』では、ゲーム開発会社サッカー・パンチのクリエイターと共に、アジア系アメリカ人俳優達に日本人の動作や所作指導と、また自らもモーションキャプチャー・パフォーマーとして製作に協力した。

 

 引き続き女優業、声優業、M.C.(日系コミュニティー・イベント等)、翻訳&通訳者、アクター向け日本語の台詞コーチング、演技コーチ、所作事&殺陣指導、またスピリチャルな視点でアドバイスするスピリチャル・カウンセラーとしても活躍している

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram